家庭の医学と健康情報が満載【メディナビゲーション】

あなたの生活周りの健康情報の症状・原因・対策方法をお届けします。

花粉症

花粉症対策はいつから始めるべきなのか?

投稿日:

花粉症対策いつから

花粉症にお困りの皆様こんばんは。
この記事を読んでいるということは、そろそろ花粉対策を始めようと思っているということでお間違えないですね?

そろそろ来る頃だと思っていましたよ。でも、花粉症の対策っていつから始めるべきなのでしょうか?

スポンサーリンク

花粉症の対策は1月から?

よく、花粉症対策は早めがいいと聞きますが、早めっていつのこと?そこんとこあやふやにしないで!と、お怒りはごもっともです。

花粉対策を早めにするというのは、実は花粉のメカニズムに関係しているのです。なぜ早めに対策をしなければならないかというと、スギ花粉は早いところだと1月下旬には飛び始めます。

まず九州や関東では、1月下旬頃から。関西では2月上旬頃から飛び始めると言われています。そして、花粉が飛び始める2週間くらい前から治療を始めることが、効果的だと言われています。

よく見かける「花粉症には早めの治療を」の、「早め」は、1月中旬のことだったのです。

つまり年が明けてしばらくしたら、もう病院を受診し、医師に相談するのが花粉症の症状を軽くする「初期治療」というわけです。

1月なんてまだ冬、花粉症と言われてもピンとこない季節ですが、この「初期治療」が症状の発症を遅らせ、ピーク時の症状を和らげてくれるそうなのです。

症状を改善することができるので、いつもよりお薬も少なくて済むということにもなります。

花粉症はピーク時に対策を始めてもダメ

実際、ピーク時に慌てて薬を飲み始めても、その効果を100%発揮することができないそうなんです。

しかも、つらい症状をすぐに治そうと強い薬を処方されたり、市販の薬もそういった目的になっているため、副作用も強くなります。花粉症の薬の副作用といえば、眠気やだるさなど、日常生活では困るものが多いです。

そういった副作用にも悩まされないためにも、1月の中旬から受診し、効き目の弱い薬から始めることで、副作用もあまり出ず、症状も緩和されるため、ぜひ早めの受診、治療をおすすめしたいです。

毎年花粉症でお悩みの方は、お正月が終わったら花粉症の治療のことを思い出してください。
いっそうもうカレンダーやスケジュール帳に、「そろそろ病院!花粉が飛ぶぞ!」くらい書いておいてもいいと思います。

早めの治療で、今年は花粉に悩まされることなく過ごしたいですね。

スポンサーリンク

-花粉症

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

イネ科・ブタクサの花粉症の症状と対策!ピーク時期はいつ?

花粉症といえば春の風物詩のイメージがありますが、花粉症は大きく分けて春と秋の2回シーズンがあります。 春はお馴染み、スギやヒノキ、ハンノキなどの樹木の花粉がピークで猛威を振るいます。秋は、ブタクサやヨ …

花粉症の薬を病院でもらうなら何科?市販薬よりも値段は安い?

もう市販の薬ではどうにもならない!そうだ!病院へ行こう! ・・でも、花粉症って何科に行けばいいんだろう。 市販薬もかなりアップグレードされ、病院を受診しなくてもなんとかなりそうな症状の方も増えたかと思 …

花粉症の症状で頭痛だけひどい時の対処法!ロキソニンは使うべき?

意外と知られていないかもしれませんが、花粉症の症状のひとつに頭痛があります。花粉症の症状いえば、鼻水、くしゃみ、目のかゆみが主な症状に思われがちなので、頭痛は花粉症とは関係のないところからきていると思 …

花粉症の症状で熱は出る?だるい・関節痛がある場合

花粉症の症状は初期の風邪に似ていて、最初はどちらか判断しにくいということがあるそうですが、風邪のように熱が出てしまう場合もあるそうです。 こうなると、本格的に風邪と区別がつきづらくなってしまいますね。

花粉症の薬は妊婦が飲んでも大丈夫なの?赤ちゃんへの影響は?

妊婦さんは、お腹の赤ちゃんに影響があるため、薬はNGという場合がありますが、花粉症の妊婦さんだって、世の中にはもちろんいらっしゃいます。 妊娠中、つわりや眠気、だるさ、マタニティーブルーといった、あら …

スポンサーリンク