家庭の医学と健康情報が満載【メディナビゲーション】

あなたの生活周りの健康情報の症状・原因・対策方法をお届けします。

盲腸

盲腸(虫垂炎)は薬で散らすと再発する?通院・日帰りでも可能なのか?

投稿日:

盲腸 散らす

盲腸を薬で散らした」という話をときどき聞きますね。手術せずに治るのならばそのほうが楽では?と誰しも思うところでしょう。

しかし、薬で散らすと必ず再発する、とか、入院日数はむしろ手術の方が短いとか、自分は入院せず日帰りだったけど点滴のために毎日通院したとか、いや自分は飲み薬だったとか、入院して絶食と点滴だったとか、いろいろな話があるようです。そこで実際のところはどうなのか調べてみました。

スポンサーリンク

盲腸を薬で散らすとは?

そもそも「散らす」というのはどういうことなのでしょう?

これは抗生物質を使って細菌の増殖を抑え虫垂の炎症を鎮める、という治療法で、医学的には保存療法と呼ばれます。虫垂炎の治療といえば、以前は手術で虫垂を切ってしまうのが普通でしたが、最近は初期の虫垂炎であれば保存療法を行うことも多くなってきているようです。

虫垂炎がごく軽症であることを確認したうえで抗生物質を1週間以上投与し、症状が改善したら投薬を中止して経過を観察するという方法が一般的で、うまくいくと腹痛は治まり、通常の生活に戻ることができます。

しかし投与中に症状が悪化する例や、投薬を中止してまもなく炎症が再燃し、結局は手術を行なうという例も珍しくはありません。これは「再発」ではありませんが、「散らす」治療を選択した場合は、こうしたリスクもあることを理解しておくべきでしょう。

盲腸を薬で散らすと再発する?

医師によっては軽い虫垂炎でも、散らすと再発しますよ、と言って手術を積極的に勧める場合もあるようです。

実際、いったんは良くなっても治療後1年の間に再発する例が10〜35パーセント程度あると言われています。再発がもっとも多い時期は治療後4~7ヶ月というデータもありますが、少ないながらも数年後に再発する例もあることを考えると、全体としてはけっこうな割り合いと言えるかもしれません。

盲腸の保存的治療法もいろいろ!日帰りでも可能?

手術をせずに抗生物質で治療する場合、治療のパターンはいくつかあるようです。
炎症が非常に軽い場合には抗生物質の飲み薬をもらって日帰りし、1週間ほど続けて飲むことになります。

また1日だけ入院して抗生物質の点滴を受け、退院後は抗生物質の飲み薬をやはり1週間ほど続ける場合もあります。

炎症がもう少しひどい場合には7〜10日ほど入院して抗生物質を毎日点滴したり、事情でどうしても入院できない場合には毎日通院して点滴を受けたりすることもあるようです。

手術がよいのか保存療法がよいのかについては、医師によっても意見が分かれるようです。医師からの説明をきちんと聞いて納得できる治療を受けたいものですね。

スポンサーリンク

-盲腸

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

盲腸(虫垂炎)の手術費用や時間はどれくらい?手術後の痛みは大丈夫?

お腹が痛くて病院に行ったら、「盲腸ですね」と言われてビックリ! 手術をすることにはなったけれど、何もかもが初めての体験で不安になってしまうかもしれません。 盲腸は昔からよく知られた病気ですが、身近に経 …

盲腸の役割とは?人間にとって意味あるの?

これを読まれている皆さんのなかには盲腸になってつらい経験をされた方も多くいらっしゃると思います。 一般に「盲腸」と呼ばれますが、正しくは急性虫垂炎といって、盲腸ではなく盲腸の先にぶら下がっている虫垂と …

盲腸(虫垂炎)の入院期間や費用!お見舞い品には何を持っていく?

盲腸の発病率は昔に比べて減ってきているそうですが、それでも100人7~8人は生涯のうちに盲腸を経験するという統計データもあります。これだけ多くの人が盲腸になるとすると、自分自身だけでなく家族や身近な知 …

盲腸(虫垂炎)の原因はストレスや食べ物?遺伝にも関係あり?

日本では15人に1人が罹るという「盲腸」。手術が簡単にできるようになったいま、手遅れで命を落とす人はほとんどいなくなりましたが、いきなり発症するうえ、手術のために1週間ほどの入院を余儀なくされるなど、 …

盲腸(虫垂炎)は痛み止め・市販薬で治まらない?

「お腹が痛い」と思ったとき、とりあえず市販の胃腸薬や痛み止めを飲んでみるという方が多いかもしれません。しかし、その腹痛の原因が盲腸だった場合、市販薬はまったく効ません。 いわゆる「盲腸」は急性虫垂炎と …

スポンサーリンク