家庭の医学と健康情報が満載【メディナビゲーション】

あなたの生活周りの健康情報の症状・原因・対策方法をお届けします。

花粉症

花粉症の薬の眠気対策!なぜ眠気は起きるのか?

投稿日:

花粉症 眠気

花粉症もとてもつらいけど、薬で眠くなるのもとってもつらい!

花粉症からくる眠気って、普段寝不足なんかで眠いよりも、なんかもう意識を冥界に持って行かれているんじゃないかってくらい眠いです。

仕事や学業に支障が出るだけではなく、車の運転など命の危険にまでさらされるとあれば、軽視できない問題です。眠気対策をしていきましょう。

スポンサーリンク

花粉症の眠気の原因は?

そもそもなぜ花粉症の薬は眠気を引き起こすのかというと、花粉症薬は抗ヒスタミン剤と言われ、これはアレルギーを引き起こすヒスタミンに効果があります。
しかしこのヒスタミンは、脳の中では脳を活性化する働きもあり、この作用が阻害されてしまうために、眠気が引き起こされます。

だいたいの人が、花粉症の薬を飲むと「眠くなる」と感じますが、本当はこれは「眠気」ではなく、脳の判断力、思考などの能率が下がるというのが正しいのです。

花粉症の薬を飲むと、だるさを感じるというのも、これが原因です。
いわゆる、パフォーマンス力の低下です。

実際、薬の注意事項には、精密作業や運転は控えるようにと書かれているものもあります。

関連記事:花粉症の薬の副作用の症状は?倦怠感・体重増加・吐き気など

花粉症の眠気対策のおすすめは?

対策としては、第二世代の抗ヒスタミン剤を飲むこと。
「アレグラ」「クラリチン」は、この中でもパフォーマンス力の低下が少ないとされています。

お仕事で精密作業をする方、車の運転をせざるを得ない方は、病院を受診した際に医師に相談してみてください。

市販薬だと、「アレグラFX」が比較的、パフォーマンス力の低下が低いとされていますが、個人差があるので絶対に眠くならない!というわけではありません、あしからず。

関連記事:花粉症の薬の強さを比較!タリオン・ザイザル・アレロックなど

他には、1日1錠で効果のある薬えお、寝る前に飲む。
ザイザルは1日1錠でいいので、寝る前に飲むと日中に支障はありませんでした。これも体質などの個人差があるので、医師に相談してみてください。

あとは、飲み薬を飲まいない。
飲み薬ではなく、点鼻薬などの外用薬を使用することです。

薬を飲まない対策としては、体質改善です。
花粉症の症状を悪化させる、タバコ、お酒を控え、充分な睡眠と規則正しい生活をすることで症状を和らげる方法です。

これは時間もかかりますし、花粉症の症状が劇的になくなるというわけではないですが、長いスパンで試してみると、健康にもいいし、他の症状にも効果がありそうです。

いやもう酒もタバコもやめられねぇ!俺の生きがいなんだ!って方には、サプリメントはどうでしょうか。
甜茶やシソの実のサプリメントをシーズン前から摂取することで、花粉症の症状を緩和できると言われています。

できれば薬は飲みたくないですが、うまくつきあうことで花粉症も眠気やだるさにも悩まされずに過ごしたいですね。

スポンサーリンク

-花粉症

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

花粉症の症状で頭痛だけひどい時の対処法!ロキソニンは使うべき?

意外と知られていないかもしれませんが、花粉症の症状のひとつに頭痛があります。花粉症の症状いえば、鼻水、くしゃみ、目のかゆみが主な症状に思われがちなので、頭痛は花粉症とは関係のないところからきていると思 …

花粉症の目薬!市販でおすすめの目薬ランキング2016!

花粉症で辛いのは鼻水だけではない!そう、目だってしこたま痒くて辛いんです!最近は、「痒い」という文字だけでなんだか痒くなってくるような気がします。 市販の目薬の中でのおすすめランキングを紹介していこう …

花粉症対策はいつから始めるべきなのか?

花粉症にお困りの皆様こんばんは。 この記事を読んでいるということは、そろそろ花粉対策を始めようと思っているということでお間違えないですね? そろそろ来る頃だと思っていましたよ。でも、花粉症の対策ってい …

花粉症や鼻づまりに効果があるアロマ・精油とは?

花粉症でとにかくつらいのが、鼻づまり。鼻をかんでもかんでも、まったくなくならない鼻水。いったいどこから湧いてくるのか、これが油田ならば・・と思うこともなくはありません。 鼻をかみすぎて鼻の周りはボロボ …

花粉症の症状は皮膚にも出る?かゆい・ぶつぶつ・赤みなど

花粉症の症状といえば、鼻水にくしゃみ、目のかゆみが代表的ですが、皮膚に関する症状も少なくはありません。 これは花粉症の原因のアレルゲンが、肌へも影響してしまうからなのです。 花粉症からくる皮膚への影響 …

スポンサーリンク