家庭の医学と健康情報が満載【メディナビゲーション】

あなたの生活周りの健康情報の症状・原因・対策方法をお届けします。

親知らず

親知らずの虫歯が痛い!放置すると危険な理由とは?

投稿日:2016年2月15日 更新日:

親知らず 虫歯

親知らず虫歯が痛い…。けれど歯医者に行くのが怖くて虫歯を放置していませんか?親知らずの虫歯はとても危険です。早めに治療しないと、取り返しのつかないことになります。

親知らずの虫歯を放置しておくと、最悪の場合、死に至るケースもあるのです!
なぜ親知らずの虫歯を放置しておくとそれほど危険なのでしょうか?

そこで

  • 親知らずは虫歯になりやすい
  • 親知らずの虫歯を放置すると危険な理由
  • 親知らずの虫歯の治療法

について説明します。

スポンサーリンク

親知らずは虫歯になりやすい

親知らずは歯列の一番奥にある歯です。そのため、歯ブラシが届きにくく、食べカスや細菌が溜まりやすいです。真っすぐ生えている親知らずはそれほどでもないのですが、斜めや横向きに生えている親知らずは要注意です。

斜めや横向きに生えた親知らずは、歯肉が歯に被さっていて、歯と歯肉の隙間に細菌が溜まってしまいます。細菌が増殖すると虫歯になり、炎症を起こします。

親知らずの虫歯を放置すると危険な理由

強い痛みと腫れを引き起こす

親知らずの虫歯を放っておくと、神経にまで虫歯菌が達します。歯茎には膿が溜まり、強い痛みを引き起こします。また、親知らずの炎症は一度落ち着いたとしても、何度も繰り返します。

親知らずの周囲の歯も虫歯になる

親知らずの虫歯の細菌が隣り合っている歯にまで感染し、周囲の歯を虫歯にしてしまいます。

・骨にまで炎症が拡がる

親知らずの虫歯を放置しておくと、そのうち神経にまで炎症が拡がります。
炎症は骨にまで達し、親知らずの周りの骨を溶かしていき、骨髄炎を起こす可能性があります。

・顎にまで炎症が拡がる

骨にまで達した炎症は顎周辺にまで広がります。顎周辺が炎症を起こすと、口を開けることができなくなります。

・喉にまで炎症が拡がる

喉周辺にまで炎症が達すると、喉が腫れ、痛みや発熱を引き起こします。ここまで症状が進行すると、口腔外科で治療することになります。

・心臓にまで炎症が拡がる

非常にまれではありますが、親知らずの虫歯の細菌が心臓にまで達してしまうことがあります。虫歯の炎症が顎から喉に伝わり、最終的に胸に到達します。

胸が細菌に感染すると、肺炎や心臓の機能低下につながり、最悪の場合死に至ることもあります。

親知らずの虫歯の治療

虫歯になってしまった親知らずは、「抜歯」してしまうことが多いです。親知らずの虫歯は一度治療しても、再発する可能性が高いからです。そのため、ほかの歯に影響が出る前に抜いてしまった方が良いです。

しかし、真っすぐに生えていて噛み合わせに参加している親知らずは、抜かないで治療することもあります。

まとめ

  • 親知らずの虫歯を放置すると身体全体に炎症が及ぶ
  • 親知らずの虫歯は抜歯した方が良い

いかがでしたか?親知らずに虫歯がある方は、すぐに歯科を受診しましょう!

スポンサーリンク

-親知らず

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

親知らずの臭い対策!口臭の原因とは?キスする前は要注意!

恋人とキスするときに自分の口臭が気になってしまう…。 口臭対策はしているけど改善されない…。 その原因は「親知らずの臭い」かもしれません! そこで 親知らずが原因の口臭とは? 親知らずが原因の臭い対策 …

親知らずの抜歯後の痛みの期間はいつまで続くのか?和らげる方法は?

親知らずの抜歯は、非常に痛いというイメージがありますよね。個人差はありますが、抜歯した後も強い痛みが続くという方もいるそうです。また、顔が腫れてしまうという話も聞きます。 親知らずの抜歯を控えているけ …

親知らずが生えかけで痛い!歯茎も腫れてしまう原因は?

親知らずが生えかけのとき、痛い思いをしたことはありませんか? また、親知らずが生えかけで周りの歯茎まで腫れてしまうことがあります。なぜ親知らずが生えかけだと、痛みや歯茎の腫れが生じるのでしょうか? そ …

親知らずの痛み止めの市販薬は?ロキソニンやバファリンは効き目ある?

急に親知らずが痛くなったけれど、歯医者に行く暇がない…。そんなとき皆さんはどうしていますか? ドラックストアなどで市販の痛み止めを購入する方もいるのではないかと思います。 痛み止めとして有名なのが「ロ …

親知らずは抜かないほうが良い?抜かない治療もあるらしい

親知らずは早いうちに抜いた方が良いと聞いたことはありませんか?そうはいっても、できれば親知らずを抜きたくないと思っている方は多いと思います。実は、親知らずを抜かない方がよい場合もあるのです! また親知 …

スポンサーリンク